人気住宅ローンを比較

7の金利適用の場合

トップページ > 今話題のSDGs銘柄とは!?

今話題のSDGs銘柄とは!?

今話題のSDGs銘柄とは!?

はじめに 今世間で「SDGs」というキーワードを目にしたことはないでしょうか。 これは、「Sustainable Development Goals」の略称で、日本語にすると「持続可能な開発目標」という意味です。 今回は、「SDGs」そのものについてと「SDGs」関連銘柄について、解説していきます。 SDGsとは 国連が掲げる国際目標で、世界中が持続可能な開発をしていくために、 ・17の世界的目標 ・169の達成基準 ・232の指標 の3点に分かれています。 2015年に国連総会で採択されたもので、2030年までに達成することを目標にしています。 メインの世界的目標は以下の17目標。 1)貧困をなくそう 2)飢餓をゼロに 3)すべての人に健康と福祉を 4)質の高い教育をみんなに 5)ジェンダー平等を実現しよう 6)安全な水とトイレを世界中に 7)エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8)働きがいも経済成長も 9)産業と技術革新の基盤をつくろう 10)人や国の不平等をなくそう 11)住み続けられるまちづくりを 12)つくる責任つかう責任 13)気候変動に具体的な対策を 14)海の豊かさを守ろう 15)陸の豊かさも守ろう 16)平和と公正をすべての人に 17)パートナーシップで目標を達成しよう 次に、これらの目標の中で、投資に関連があるものについて解説をしていきます。 SDGs関連銘柄について ・7エネルギーについて エネルギー関連銘柄として、日本ガイシが挙げられます。 日本ガイシはメガワット級の電力貯蔵、「NAS電池」を初めて実用化した会社です。 この「NAS電池」は、再生可能エネルギーなどを大容量に貯蔵可能です。 さらに、高密度なため、従来の電池よりかさばりません。 その開発をした日本ガイシは、エネルギーについての関連銘柄と言えるでしょう。 ・6水について 水関連銘柄として、東レが挙げられます。 東レは下水や工場排水を浄化する、水処理技術で世界トップレベルの技術力があるのです。 その技術のため、水関連銘柄となっています。 ・5ジェンダーについて 最後に、日本初のSDGs-IPOとして上場したポピンズホールディングスについて紹介。 ポピンズホールディングスは、女性の社会進出の支援を目的とした会社となっています。 主な事業は保育所運営などです。 そのため、ジェンダー関連銘柄となっています。 【まとめ】 ここまで読んで、いかがだったでしょうか。 今話題のSDGsとその関連銘柄について、わかっていただけたら幸いです。