人気住宅ローンを比較

7の金利適用の場合

トップページ > 夫婦ふたりで住宅ローンをお得に借りる方法とは?

夫婦ふたりで住宅ローンをお得に借りる方法とは?

夫婦ふたりで住宅ローンをお得に借りる方法とは?

近年では共働きの世帯が増えて、それに伴って夫婦ふたりで住宅ローンを組みたいと考える世帯が増えてきました。夫と妻のどちらか一方がローンを借りるのではなく、夫と妻のふたりで組むことによって、借入可能額を増やせるというメリットがあります。

夫と妻のふたりで利用する方法には複数の方法があるものの、借り方次第では損をしてしまう可能性も考えられるでしょう。このようなことにならないためにも、事前にお得に借りる方法を把握することも重要です。

住宅ローンを組む方法

まず最初に夫と妻のふたりで住宅ローンを組む方法としては、ペアローンを組む方法と、収入合算をして連帯債務型で組む方法、収入合算をして連帯保証型で組む方法の三つが挙げられます。

収入合算とは夫婦の収入を合算した世帯年収をもとにしてローンを組むものを指しています。例えば夫の年収が400万であり、妻の年収が300万の場合には、世帯年収を700万円としてローンの借入可能額を計算することができます。これにより借入可能額を増やすことにつながります。

ペアローンとは、一つの家に対して二つの住宅ローンを組む方法をさしています。夫と妻がそれぞれローンの返済を行うので、夫と妻の両方が住宅ローン控除を受けることができるでしょう。

連帯債務型とは夫婦二人で一つのローンを組む方法となります。一人が債務者、もう一人は連帯債務者となり、借入金額の全額に対し、返済義務を負うことになります。住宅ローン控除を夫婦どちらも受けることができ、ペアローンとは異なり事務手数料などの諸費用が一つだけで済みます。

連帯保証型とは、連帯債務型と同じように夫婦の収入を合算しローンを組む方法をさしています。債務者となるのはどちらか一人で、もう一人は連帯保証人です。もしも契約者が夫の場合には夫が返済を行なうことになりますが、万が一夫が返済できなくなった場合には、妻が返済義務を負うことになります。

このように三つの方法があるものの、お得に借りる方法としては、ペアローンもしくは連帯債務型で借り入れをすることと言えます。

どちらを利用すればよいのかということは、借入可能額を最大にしたいのであればペアローンなどというように、借入金額や収入により異なるだけではなく、事務手数料の負担や生命保険に加入するかなども大きなポイントとなるでしょう。まずは専門家に相談するなどして、どのような借り入れが自分の家庭にとって一番良い方法となるのかを把握することが大切です。