人気住宅ローンを比較

7の金利適用の場合

トップページ > 株式相場にはサイクルが存在する!?

株式相場にはサイクルが存在する!?

株式相場にはサイクルが存在する!?

株価が変動する要因は、色々とあります。例えば、マクロな視点だと、天災、戦争、政権の交代、ウイルスの流行などによって、株価全体が影響を受けることがあります。 ミクロな視点だと、個々の企業の技術革新などによって業績が良くなり、株が買われ、株価が上昇。 反対に会社の不祥事によって業績が悪化し、株価が下がることがあります。 上記の要因とは別に、株価には4つのサイクルがあります。 ・業績相場 ・逆金融相場 ・逆業績相場 ・金融相場 株式相場の4つのサイクル 株式市場は、上記の相場サイクルを繰り返しているのです。 【業績相場】 景気が良くなることによって、企業の業績が上がります。 それにより、企業価値の上昇し、それを評価して株価が上がる相場です。 【逆金融相場】 業績相場により、企業活動が活発化しすぎ、資金需要が増大します。 それによって、金利が上昇するため、企業は資金調達が難しくなり、企業活動が縮小。 政府や中央銀行も景気が上がりすぎて、インフレになることを避けるため、金利を上げます。そのため、資金が株式から債券などに流入していくのです。 さらに、金融市場へ流入する資金が減少するため、株価が下がる相場。 【逆業績相場】 逆金融相場がさらに進むと、企業の業績が悪化。 それによって、さらに株価が下がる相場です。 金利上昇といった金融の引き締めによる影響もあります。 この際、買われるのは、医薬品やインフラ、生活必需品といった銘柄です。 【金融相場】 企業の業績が悪いため、企業の借り入れが減少し、金利が下がります。 また、政府も景気を上げるために、中央銀行の金利を下げるといった金融緩和を するのです。 金利が下がるため、金余りを起こし、金融市場に資金が流入します。 すると、株が買われ株価が上昇します。 このとき買われやすいのは、不動産やバイオ銘柄が挙げられます。 その後、企業の資金需要が増大し、企業業績が上がっていきます。 そして、業績相場へ移行し、サイクルを繰り返すのです。 このサイクルは、半年先の景気を読んでおり、景気の実感よりも先行して動いています。 【まとめ】 ここまで読んで、いかがだったでしょうか。 株式相場には、 ・業績相場 ・逆金融相場 ・逆業績相場 ・金融相場 の4つがあり、それを循環しています。相場のサイクルの鍵となるのは、 中央銀行の金融政策です。 金利の上昇による引き締めや、金利の低下による金融緩和が、サイクルが変わる要因の ひとつとなっています。 そのため、金利に注目していくと、今どの相場なのか判断しやすいでしょう。