人気住宅ローンを比較

11の金利適用の場合

トップページ > 知っておきたい株式と為替の相関関係を解説

知っておきたい株式と為替の相関関係を解説

知っておきたい株式と為替の相関関係を解説

多くの株式投資家は株式市場と為替市場の2つの市場状況を考慮して、価格変動や市場動向を予測しています。 経済ニュースでは為替市場の動きと株価がセットで報じられていますが、相関関係についてよく知らない方は多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、株価と為替の動きがなぜ関係があるのかについて、理由を詳しく解説します。 株価と為替の相関関係について理解することは、市場状況を正しく認識することに繋がるので、この記事を機会に、ぜひ覚えてください。 見出し:株式市場と為替市場の相関関係とは 株価と為替の関係性について、海外市場では、株高=通貨高、株安=通貨安と考えられています。 しかし、日本市場を見てみると、円安に傾く場合、株価は上昇する傾向が見られ、海外とは全く逆の動きをしています。 この現象は日本の株式市場の約7割は外国人投資家が動かしていることが原因とされています。 具体的な市場の動きを説明すると、日本株は海外株と比べて比較的割安感があるので海外の投資家から人気が高いですが、為替が円安に傾いた場合はその割安感がより躊躇となり、多額の海外マネーが日本市場に流れ込み、結果、株式市場全体の上昇に繋がっています。 また日本はものづくり大国とも呼ばれ、輸出総額が世界第4位で製造・輸出産業が盛んなため、円安になると輸出関連企業に好影響を与えるということも理由のひとつです。 反対に円高方向へ傾くと、日本株のお得感が薄れることや、輸出産業の業績悪化を懸念して株が売られて、日経平均株価は下落します。 このように、近年の日本市場では株高=通貨安、株安=通貨高の流れが常態化していますので、株式やFXなどの投資をする場合は、相関関係について意識するようにしましょう。 見出し:株価が変動する要因は為替だけではない 株価が変動する要因として、今回ご紹介した為替の他に、金利、景気動向、海外市場などの外部要因と、企業の業績などによる内部要因の2つに分けられます。 株価の変動は、それら1つの要因で決まるわけではなく、個々の要因が絡み合い、連鎖し合うことで影響を及ぼしています。 株式投資をする際には、さまざまな要因に目を向けて、総合的に判断して、市場全体の動向を予測することが求めらます。 現在の株式市場と為替市場の相関関係も、時間の経過とともに状況が変化することも往々にしてあるので、日頃から市場全体の動きを注視しておきましょう。