人気住宅ローンを比較

11の金利適用の場合

トップページ > 株式投資の入門書~基本からメリットやデメリットまで詳しく解説~

株式投資の入門書~基本からメリットやデメリットまで詳しく解説~

株式投資の入門書~基本からメリットやデメリットまで詳しく解説~

株式投資とは企業が発行する株を売買することで、売却益や配当金、あるいは株主優待などの利益を得る投資方法です。 資産を増やせる可能性がある一方で、株式投資には様々なリスクも潜んでいるのでリスクを正しく知る必要もあります。 投資に挑戦したいと考えている方や始めて間もない初心者の中には『投資って難しそうだ』『もっと知識を付けたい』と考えている方も多いのではないでしょうか。 本記事では、株式投資の基礎知識やメリットとデメリットなど抑えておきたいポイントについて解説します。 勝てる投資家になるための情報をご紹介していきますので、ぜひご参考にしてください。 【見出し】株式投資の基本 ①株式投資の種類 株式投資には自己資金で取引を行う『現物取引』と、担保を提供して証券会社からお金や株式を借りる『信用取引』の2種類が存在します。 現物取引では預り金(自己資金)範囲内での取引ですが、信用取引では保有株と預り金の総額(保証金)の約3倍まで取引することが可能です。 自己資金よりも多い額で取引できるメリットがある一方で、株価が値下がりしてしまうと最悪の場合には、自己資金を損失が上回り負債を背負うことになるので注意が必要です。 ②株式投資の取引時間 日本には、東京証券取引所(東証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)の4つの証券取引所が存在しますが、ぞれぞれの取引時間は、前場09:00-11:30迄、後場12:30-15:00迄の計5時間となります。(一部取引所は15:30迄) 実際の取引は上記の時間内に限られますが、株売買の注文はネット証券を利用することで24時間いつでも行うことができます。 ③株式投資のはじめ方 株式投資をはじめるにはまず証券口座を開設する必要があります。開設には、氏名/住所などの必要事項の記入と本人確認書類/マイナンバーの提出が求められ、申し込みから開設まで約1週間程度かかります。 承認されると口座番号とログインパスワードが発行されるので、その証券口座に入金することで株式投資を始めることができます。 証券会社によって、取引手数料や取扱銘柄の種類、ポイント制度などが異なるので、自分に合った会社を選びましょう。 【見出し】株式投資のメリット・デメリットとは? ①値上がり益 – 購入/売却時の差額【メリット】 株式投資最大のメリットは、購入時よりも株価が上昇して高く売れた場合に得られる『値上がり益(キャピタルゲイン)』です。 証券取引所に上場している企業の株価は、企業の業績を期待できる好材料があると株価が値上がりして、逆に不祥事や将来を見通せない時には株価が値下がりします。 株価は常に変動するため『安く買って高く売る』ことが出来れば大きな利益を得られます。 ②株主優待 – 投資家だけのお得な特典【メリット】 全上場企業のおよそ4分の1が実施している『株主優待』は、企業が株主へ自社のサービスや商品、あるいは割引券や引換券などをプレゼントする制度です。 株主優待のお得度は『優待利回り』という指標で評価されており、この指標が高いほど、投資金額に対する優待の割合が優れていることになります。 ③配当金 – 企業から株主への利益還元【メリット】 値上がり益や株主優待と並び、配当金(インカムゲイン)は株式投資の醍醐味の1つといえます。配当金とは企業が得た利益の一部を株主へ還元する制度です。 通常年に1~2回程度株主へ還元されることが多く、配当利回りが高いほど還元率も上がる仕組みです。企業によって配当利回りは大きく異るので、株を購入する前に必ず確認しましょう。 ④値下がり損益 – 元本割れの危険性【デメリット】 株式投資最大のデメリットは、購入時よりも株価が下落することで、売却時に元本(投資額)割れするリスク(キャピタルロス)があることです。 株価は様々な要因で日々変動するものなので、値下がりリスクを完全に無くすことは不可能です。 しかし、分散投資など対策を講じることでリスクを下げることが可能です。 ⑤敷居の高さ – 最低投資金額が高い【デメリット】 上場企業は1単元(100株)で取引される事が多く、他の金融投資商品よりも最低投資金額が高いことがデメリットとして挙げられます。 投資心者向けに1株から購入可能な『ミニ株』や『少額投資』と呼ばれる単元未満株取引サービスを展開している証券会社もありますが、持ち株が少ないと配当金や株主優待の対象外となる場合もあるのであまりお勧めできません。 【見出し】【まとめ】初心者が株式投資で意識するべきポイントとは? 株式投資は大きな利益を得られる可能性がある一方で元本(資金)を失うリスクもあります。 そこで、投資初心者が注意すべきポイントを以下にまとめました。 ・集中投資を避けてリスクを分散させる ・損切りなど自分の投資ルールを厳守する ・ハイリスク投資は行わず資産管理を徹底する 初心者でも上記のポイントを抑えることで、損失を回避して利益を出すことが十分可能です。 株式投資にご興味のある方は、本記事を参考にして、ぜひ挑戦してみましょう!